ホーム ブログ

Mac Book ProにBetterTouchToolを入れる

0

Mac Book ProにBetterTouchToolを入れたので、その備忘録。

参考サイト

【Magic Mouse】120%の性能を引き出すために実践してるBetterTouchToolの設定まとめ
BetterSnapToolを購入するとBetterTouchToolのスタンダードライセンスも追加料金なしで入手できる
Macのウインドウサイズを瞬時に変更できる「BetterSnapTool」を自分好みにカスタマイズする方法

導入目的:マジックマウスを使いやすくするため

ちょっと調べてみるとBetterSnapToolを入れると、BetterTouchToolも使えるとのこと。

アップルギフト券がちょうどあったので、390円で購入。簡単に両方ともインストールすることができました。

BetterSnapToolそのままデフォルトで使用

BetterTouchToolは参考サイトのとおり以下の設定を追加。

 

ジェスチャー 割り振り 内容
TipTap左 【control】 + 【shift】 +【tab】 左のタブに移動
TipTap右 【control】 + 【tab】 右のタブに移動
3本指でタップ 【Command】 + クリック リンクを別タブで開く
3本指で上にスワイプ 【Command】 + 【T】 新規タブを開く
3本指で下にスワイプ 【Command】 + 【W】 タブを閉じる
2本指でダブルタップ ミッションコントロール ミッションコントロール(今開いているウィンドウの一覧)を表示
3本指でダブルタップ デスクトップを表示 デスクトップ表示

Mac Book Pro 16インチを購入

0

Mac Book Pro 16インチを買って、3週間。いままでWindowsを使ってきたので、いまだ使いこなせていない。
とはいえ、仕事で使うことになるので覚えないと。それにしてもAUD6000(日本円で43万くらい)くらいしたけど高いな。
とりあえず、いままでやったとことのメモ。
・オフィスのインストール
・Adobeのインストール
・Windowsを使えるようにParallels Desk Topを購入。インストール
・その他アプリケーションをインストール

Youtuberやろうかなぁ

0

最近釣り系Youtuberやろうかなぁなんて本気で考えている。お金を稼ぐというよりは、

  • 魚が好きで少しさばける
  • 子供の頃は素潜りで、魚を取っていたけど釣りにも興味がある
  • 動画編集のスキルアップのため
  • 単純面白そうだから

マサルって人が魚突きって動画やってるけど、あれは見ていて単純に面白そう。好きなことでお金を稼いでいて本当に羨ましい。オーストラリアはサメが多いので素潜りをやる気にはなれないけど、釣りなら危険も少ないし面白そう。

アウトプットとしての動画も考えたんだけど、アウトプットはしばらくブログとTwitterにしようかな。目標としてはマナブログのような動画とブログを作るのが理想。

まずはブログを毎日更新だな(笑)

 

 

情報メタボ

0

最近情報メタボになっているような気がする。

購読している読み物だけでも、
Newspicks、メルマガ(堀江貴文のブログでは言えない話、高城未来研究所)、オーディブル、Kindle(読みかけのものも含めて20冊くらい。ただし、7月のプライムデーのときに半額になってる本が多かったので15冊くらい大人買い)、それと購読ではないけど、Progateも契約している。

書き出してみると案外多いことに気づいた。金額にしてみると

 

タイトル 更新日 月料金 年料金
高城未来研究所 毎週金曜日 864 10368
堀江貴文のブログでは言えない話 毎週月曜日 864 10368
Newspicks 1年更新 1500 1500(年額プラン)
Audible 毎月更新 1500 18000
Kindle 都度購入 1000-2000円 15000/年くらい
Progate 毎月 980 11760
合計 約80000円

 

これだけの情報を自分の中できちんと消化できているとは思えないので、これら定期購読しているものの断捨離します。

タイトル 更新日 月料金 年料金
高城未来研究所 解約済み
堀江貴文のブログでは言えない話 継続 864 10368
Newspicks 来年5月まで契約済み。来年解約しても良いかなと考えている 1500 15000(年額プラン)
Audible 買いたい本があるのでそれらを購入後解約 1500 4500(3回分)
Kindle しばらく購入しない
Progate 今年中に解約予定 あと4回分 3920
合計 33788円

 

まだ多いような気もするが、少しすっきりした。来年は堀江さんのメルマガのみ残そうかな。Newspicksは良い経済メディアだとは思うけど、オリジナル記事もどうしても読みたいっていうものも少ないし。先日あった【週末に読む】基礎から学ぶ、EVを支える「電池」の最前線は、ちょうどイーロン・マスク 未来を創る男を読み終わったこともあり、電池の基礎が学べてためになったけど。

ProgateもPHPが終わった7月からほとんどやってない。

WoocommerceのログインリンクからアカウントページにRedirectする方法

0

こちらを参照:How To Update The Login Link To Go To The WooCommerce Account Page
子テーマのfunction.phpに以下のコードを追加。

add_filter( 'login_url', 'cameronjonesweb_use_woocommerce_login_page' );

function cameronjonesweb_use_woocommerce_login_page( $login_url ) {
	if( function_exists( 'is_woocommerce' ) && $wc_account_page = get_permalink( get_option( 'woocommerce_myaccount_page_id' ) ) ) {
		$login_url = $wc_account_page;
	}
	return $login_url;
}

これを追加することによって、Woocommerceのログインページからログインに失敗したときにmy accountページにRedirectされます。
用途としては、一見するとWordpressで作っているのがわからないとかですかね。

上記のやり方だと、トップページからログインする際に必ず失敗し、アカウントページからでしかログインができませんでした。なので、違うやり方を記しておきます。

参照サイト:Redirect to Custom Login Page on Failed Login

add_action( 'wp_login_failed', 'pippin_login_fail' );  // hook failed login
function pippin_login_fail( $username ) {
     $referrer = $_SERVER['HTTP_REFERER'];  // where did the post submission come from?
     // if there's a valid referrer, and it's not the default log-in screen
     if ( !empty($referrer) && !strstr($referrer,'wp-login') && !strstr($referrer,'wp-admin') ) {
          wp_redirect(home_url() . '/?login=failed' );  // let's append some information (login=failed) to the URL for the theme to use
          exit;
     }

wp_redirect(home_url() . ←をリダイレクトしたいURLに変更できます。

add_action( 'wp_login_failed', 'pippin_login_fail' );  // hook failed login
function pippin_login_fail( $username ) {
     $referrer = $_SERVER['HTTP_REFERER'];  // where did the post submission come from?
     // if there's a valid referrer, and it's not the default log-in screen
     if ( !empty($referrer) && !strstr($referrer,'wp-login') && !strstr($referrer,'wp-admin') ) {
          wp_redirect('https://example.com/my-account' . '/?login=failed' );  // let's append some information (login=failed) to the URL for the theme to use
          exit;
     }

 

Woocommerceのチェックアウトページに新規フィールドを追加と削除

0

参考サイト:How to Add Additional Custom Fields into WooCommerce Checkout Page

新規フィールド追加(例えばLINEのIDとか)

add_filter( 'woocommerce_checkout_fields' , 'woocommerce_checkout_field_editor' );

function woocommerce_checkout_field_editor( $fields ) {
    $fields['billing']['billing_field_lineid'] = array(
        'label'     => __('LINE ID', 'woocommerce'),
        'placeholder'   => _x('LINE ID', 'placeholder', 'woocommerce'),
        'required'  => false /** ここをtrueにすると赤字*が出て必須項目になります **/
    );

    return $fields;
}

 

フィールドを削除

add_filter( 'woocommerce_checkout_fields' , 'custom_fields_woocommerce' );
 
function custom_fields_woocommerce( $fields ) {
    unset($fields['billing']['billing_company']); /** 会社名を削除 **/
    return $fields;
}

 

Woocommerceのチェックアウトページの必須入力箇所を消す方法

0

参考サイト:No REQUIRED FIELDS on checkout, how to turn all fields to OPTIONAL ?

例えば、請求先の番地の必須項目を消す

add_filter( ‘woocommerce_billing_fields’, ‘wc_optional_billing_fields’, 10, 1 );
function wc_optional_billing_fields( $address_fields ) {
$address_fields[‘billing_address_1’][‘required’] = false;
return $address_fields;
}

ただし、このままだと入力はしなくても支払いは完了できるが、赤字とアスタリスクは残ったままになるので、CSSでアスタリスクを消す必要がある。

参考サイト:Woocommerce remove asterisk from required fields on checkout page

#billing_address_1_field abbr.required {
       display: none;
     }

 

 

エクセル 行に色を付ける方法

0

カーソル部のセルに色を付ける

参考サイト

マクロのみで色を変更:【EXCEL VBA】選択行に色を付ける方法
色番号:【VBA入門】ColorIndexの使い方と色見本一覧(色番号、RGB)
条件付き書式を使って色を変更【Excel】選択中の行や列を強調(ハイライト)する方法

個人的には条件付き書式を使ったほうが好み。

JavaScript 継承、オーバーライド

0

継承(inheritance):子がクラスが親クラスの機能を引き継ぐこと。書き方はextends クラス名

class Animal{ // クラス
 construcor(name,age){  // コンストラクタに引数を渡す
  this.name = name; // 
  this.age = age;
  }

  greet(){ // メソッド
  console.log('こんにちは');
  }

  info(){
  this.greet(); // greetメソッドを呼び出し。クラス内はgreetに対してthisで呼び出す
  console.log(`名前:${animal.name}`); // 
  console.log(`年齢:${animal.age}`); // 
  }
}

animal = new Animal('さとる',40); // 引数を指定する

animal.info(); //メソッド一つですべて呼び出せるようになる

----------------------------------------------------------------------

new Satoru extends Human{ // Animalクラスの機能が使えるようになる extends(延長する) 
 
}

const satoru = new Satoru();
satoru.info(); // Satoruクラス内が空でも親クラスの機能を使える

 

オーバーライド(override)

  • 小クラスのメソッドが親クラスを上書きする。
  • 親クラスのコンストラクタを呼び出す場合はsuper(引数)とする
new Satoru extends Human{ // extends(延長する)
  constructor(name,age,sex){
   super(name,age);
   this.sex = 'male';
} 
}

 

【WordPress】Woocommerceの通貨表示の変更

0

通貨の表示が$だとUSDなのか、AUDなのかわかりずらいので表記をAUDに変更する方法を載せておきます。

参考URL
1通貨:Change a currency symbol
複数通貨:Change the currency symbol from ‘$’ to ‘USD’ in Woocommerce
通貨3レター:通貨コード(ISO)

1通貨変更
通貨の3レターを変更し、子テーマのfunction.phpに追加すれば変更できます。以下の例で言うと、AUDをJPYにしてAUD$をJPY¥にすれば、表記が¥からJPY¥に変更されます。

add_filter('woocommerce_currency_symbol', 'change_existing_currency_symbol', 10, 2);

function change_existing_currency_symbol( $currency_symbol, $currency ) {
     switch( $currency ) {
          case 'AUD': $currency_symbol = 'AUD$'; break;
     }
     return $currency_symbol;
}

2通貨以上変更の場合は以下のコードを使い、通貨の3レターは同じで戻り値を変更します。

add_filter( 'woocommerce_currency_symbol', 'change_currency_symbol', 10, 2 );

function change_currency_symbol( $symbols, $currency ) {
	if ( 'USD' === $currency ) {
		return 'USD'; // ← ここの3レターを変更します
	}

	if ( 'EUR' === $currency ) {
		return 'Euro';
	}

	if ( 'AED' === $currency ) {
		return 'AED';
	}

        return $symbols;
}