ホーム ブログ ページ 2

【WordPress】xamppのメモリーを上げる

0

xamppの再インストールをするたびに忘れてしまうので、備忘録として。

memory_limit = 128M
post_max_size = 128M
upload_max_filesize = 128M

php.iniのこの3つの上限を上げる

以下のサイトを参考にしました。

XAMPPで、大きいファイルがphpMyAdminでインポートできない時の対処法

【WordPress】Available on backorder(取り寄せの注文(予約注文など)が利用できます)の変更

0

子テーマのfunction.phpに以下のコードを貼り付けるだけでできます。

function change_backorder_message( $text, $product ){
    if ( $product->managing_stock() && $product->is_on_backorder( 1 ) ) {
        $text = __( '取り寄せ 1ヶ月でお届けします' );
    }
    return $text;
}
add_filter( 'woocommerce_get_availability_text', 'change_backorder_message', 10, 2 );

 

『取り寄せ 1ヶ月でお届けします』の部分を好きなように変更してください。

以下のサイトを参考にしました。

Change backorder text

【JavaScript】クラス、インスタンス、コンストラクタ、メソッド

0

コンストラクタ

class Animal{ // クラス
 construcor(){  // コンストラクタ。自動で実行される
  this.name = 'さとる';
  }
}

animal = new Animal(); // インスタンス、instanceは実例という意味がある
console.log(`名前:${animal.name}`); // バッククオテーション、ドル、波括弧 `文字${}`

コンストラクタに引数を渡す

class Animal{ // クラス
 construcor(name,age){  // コンストラクタに引数を渡す
  this.name = name; // 
  this.age = age;
  }
}

animal = new Animal('さとる',40); // 引数を指定する
console.log(`名前:${animal.name}`); // 
console.log(`年齢:${animal.age}`); // 

メソッド

class Animal{ // クラス
 construcor(name,age){  // コンストラクタに引数を渡す
  this.name = name; // 
  this.age = age;
  }

  greet(){ // メソッド
  console.log('こんにちは');
  }

  info(){
  this.greet(); // greetメソッドを呼び出し。クラス内はgreetに対してthisで呼び出す
  console.log(`名前:${animal.name}`); // 
  console.log(`年齢:${animal.age}`); // 
  }
}

animal = new Animal('さとる',40); // 引数を指定する

animal.info(); //メソッド一つですべて呼び出せるようになる

 

ジョギング中は本をたくさん読める

0

ジョギングはジムのランニングマシーンが本を読みながらできるのでおすすめです。

やり方は簡単で、スマホのTalk Back(iPhoneはVoiceOver)を使います。

本を読みながら走っていると30分くらいあっという間に時間が過ぎるし、本にもよりますがだいたい1週間くらいで1冊読み終えてしまいます。

身体も鍛えられて本も読め、良い習慣にもなるので一石三鳥以上の効果があるのでかなりおすすめです。

JavaScript 配列とオブジェクトの違い

0

配列:値を並べて管理する

const fruits = ['banana', 'apple', 'orange']; // 配列、中の値を要素という
console.log(fruits[0]); // 出力結果 banana

fruits[0] = 'grape'; // 値の更新
console.log(fruits[0]); // 出力結果 grape

console.log(fruits.length); // 出力結果 3
for(let i = 0; i < fruits.length; i++){ // fruits.lengthに3が入る
  console.log(fruits[i]);  // 出力結果 banana apple orange
}

 

オブジェクト:それぞれのプロパティに名前をつけて管理する

const fruits = {
  'banana': 'Yellow',
  'apple': 'Red',
  'orange': 'orange' 
};
console.log(fruits.banana); // Yellow

fruits.banana = 'deep yellow';
console.log(fruits.banana); // deep yellow

 

オブジェクトを要素に持つ配列

const fruits = [ // 配列は [ ], オブジェクトは { }でくくる
  {'banana': 'yellow', price: 100},
  {'apple': 'red', price: 150},
  {'orange': 'orange', price: 80}
];

console.log(fruits[0]); // 結果 {'banana': 'yellow', price: 100}
console.log(fruits[0].price) // 結果 100

 

WooCommerce PDF Invoices & Packing Slipsを日本語で出力

0

ちょっとハマったので備忘録として載せておきます。

Woocommerceの請求書を文字化けさせずにPDF出力させる方法
プラグイン:WooCommerce PDF Invoices & Packing Slips

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

WooCommerceで納品書の日本語表示
WooCommerce 請求書・納品書の印刷2

  1. /wp-content/plugins/woocommerce-pdf-invoices-packing-slips/templates/Simple(有料版を使っている場合は/wp-content/plugins/woocommerce-pdf-ips-templates/templates/Simple Premium)からフォルダの中身を/wp-content/themes/子テーマ/woocommerce/pdf/simple-customize(任意のフォルダを作成。ここではsimple-customizeとします)にコピー
  2. simple-customizeフォルダにfontsフォルダを作成
  3. IPA 独立行政法人情報処理推進機構から日本語フォントをダウンロード
  4. ダウロード後、解凍するとipaexg.ttfが入っているので、先程作ったfontsフォルダにアップロード
  5. simple-customizeフォルダにあるstyle.cssに、WooCommerce PDF Invoices & Packing Slipsのサイトにある/* Load font */をコピーして、貼り付け(一番上で良いです)
    /* Load font */
    @font-face {
        font-family: 'MyFont';
        font-style: normal;
        font-weight: normal;
        src: local('MyFont'), local('MyFont'), url(<?php echo $this->get_template_path(); ?>/fonts/ipaexg.ttf) format('truetype');
    }
    @font-face {
        font-family: 'MyFont';
        font-style: normal;
        font-weight: bold;
        src: local('MyFont Bold'), local('MyFont-Bold'), url(<?php echo $this->get_template_path(); ?>/fonts/ipaexg.ttf) format('truetype');
    }
    @font-face {
        font-family: 'MyFont';
        font-style: italic;
        font-weight: normal;
        src: local('MyFont Italic'), local('MyFont-Italic'), url(<?php echo $this->get_template_path(); ?>/fonts/ipaexg.ttf) format('truetype');
    }
    @font-face {
        font-family: 'MyFont';
        font-style: italic;
        font-weight: bold;
        src: local('MyFont Bold Italic'), local('MyFont-BoldItalic'), url(<?php echo $this->get_template_path(); ?>/fonts/ipaexg.ttf) format('truetype');
    }
    <?php extract( wpo_wcpdf_templates_get_footer_settings( $this, '2cm' ) ); // $footer_height & $page_bottom ?>
    @page {
    	margin-top: 1cm;
    	margin-bottom: <?php echo $page_bottom; ?>;
    	margin-left: 2cm;
    	margin-right: 2cm;
    }
    body {
    	background: #fff;
    	color: #000;
    	margin: 0cm;
    	font-family: 'MyFont','Open Sans', sans-serif;
    	/* want to use custom fonts? http://docs.wpovernight.com/woocommerce-pdf-invoices-packing-slips/using-custom-fonts/ */
    	font-size: 9pt;
    	line-height: 100%; /* fixes inherit dompdf bug */
    }
    
    h1, h2, h3, h4 {
  6. そのstyle.cssのbody部分のfont-familyに’MyFont’,’Open Sans’, sans-serif;を貼り付け

 

私のような最近Wordpressを使いだした素人には少し難しかったので、写真付きでまとめてみました。

さて今日から

0

今日からブログを始めようと思います。

内容は、

  • IT関連の備忘録(メイン)
  • 海外生活
  • 時事ネタ
  • ネガティブなことは書かない

を中心に書いていく予定です。

とりあえずの目標として、10日間連続でブログを更新してみようと思います。

10日間続くことができたら、もう10日間伸ばしてみます。

もう10日間続くことができたら、さらに10日間伸ばしてみます。

1ヶ月毎日更新続けることができたら、次の目標を1年間連続更新にします。

もし1年続けることができたら2020年6月にはブログで月5万収益出るように頑張ります。